qrcode.png
http://kinpai.jp/
キンパイホームページ
モバイル版はこちら!!

バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

帝国繊維株式会社
キンパイホース
西日本総発売元
 
キンパイ商事株式会社
・本社・
〒532-0004
大阪市淀川区西宮原2-1-3
 SORA新大阪21・1401室
TEL.06-6396-6451
FAX.06-6396-6457
 
 ・野中物流センター・
〒532-0034
大阪市淀川区野中北2-2-6
 
・名古屋支店・
〒452-0845
名古屋市西区中沼町14番地
 TEL.052-504-4471
FAX.052-504-4506
 
・福岡支店・
〒812-0007
福岡市博多区東比恵2-2-26
TEL.092-472-2871
FAX.092-472-2875
 
 

 
  *消防・防災機器・
繊維資材販売*
消防ホース、消防被服、防災・救助機器、救急資機材、救助工作車、防災設備保守点検、連結送水管点検、麻糸、麻混紡糸、頒布、特殊機能繊維(制電・導電・耐熱・耐炎)
 

 

 
大阪市きらめき企業賞
2012年度受賞
 
 
ーーーーーーーーーーーーーー
Translate This Page !!
このページを翻訳(google翻訳)
 
ーーーーーーーーーーーーーー
 

1月 震災より25年地震に備えて

 
 
キンパイニュース
2020年1月のキンパイニュース さくらFM コマーシャル連動企画!!
(毎週月曜日19:00~20:30 「いつもおそばに」番組内CM)
今月も役立つ防災グッズをピックアップしてご紹介します。
 
 1月17日に節目を迎える阪神大震災。25年を迎えます。
決して忘れてはいけない震災。改めて備えの意識が問われます。
25年がたち非常食はとても改良され美味しく種類豊富になりました。当時と今 移り変わる非常食をご紹介します。
 
 
保存のできる缶詰のパンを開発  “震災時→今”
阪神淡路大震災の時にお腹を空かしている人へパンを運びました。ですが運ぶのに時間がかかり賞味期限切れとなり食べることができなかった。という話があります。そこから保存できるパンを作ろうと生まれたのが缶詰のパンです。
缶詰入りのパンができ、またさらに7年保存できる袋入りのパン。袋入りは保管やゴミの処理も簡単になりました。 
   
手軽に食べられる暖かいごはん “震災時→今”
 
 
暖かい食事をとれるものがほとんどありませんでした。

今では火を使わなくても温かいものが食べられる非常食がたくさんでています。

発熱剤が一緒にセットされている “レスキューフーズ” 発熱に20分、蒸らし10分であたたかいごはんが食べられます。

主食のご飯にカレーや牛丼などを組み合わせたものがあり、とても美味しいです。

   
いろんな種類のおやつ “震災時→今”
 
 
非常用おやつ
保存できるおやつは、水分のない固いものが主流でしたが クッキー、ようかん、ラスクなど様々な物があります。

甘いおやつは食べるとセロトニンが分泌するので、不安や緊張感をやわらげます。

災害時でもほっと一息、まわりの方とも一息ついて 心のやすらぎを。

   
前の月へ
12月“年末の防災と防犯”
 
次の月へ
2月“地震に備える”
   
市役所・企業・自治会・マンション 大口購入のお客様
<<キンパイ商事株式会社>> 〒532-0004 本社:大阪府大阪市淀川区西宮原2丁目1番3号SORA新大阪21・1401室 TEL:06-6396-6451 FAX:06-6396-6457